So-net無料ブログ作成
検索選択
腕時計 ブログトップ

時間を動かすもの [腕時計]

ご訪問ありがとうございます^^


このところ、ミステリー系の番組も減ってしまい


楽しみワクワクが少なくなりました。




1.jpg




今日も信長さんのほうはお休みですw


時代があそこまで来ると意外と早く終わりそうなので、間間にこっそりと入れてみようかと隠れキャラ状態になっていますが、自己満足歴史考察内容なので、訪問してくださった方も歴史好きの方でもどうコメントしていいのか難しいですよね(妄想も含んでますしw)



(と言い訳を入れといて)




今日は時間を動かすもの



昨日は、超音波洗浄機の話をネタにしていたら、最近、動かしていない眠ったままの時計があることを思い出しました。



2.jpg


ROSSETTI




3.jpg



よく知らないブランド(笑)


一応それなりの感じのギャランティカード付なのか(フムフム)


定価4万ってw(定価はいくらの値段でも付けれますね)



4.jpg


デザインが惹かれて買ってしまいましたが(女性用w)


卸問屋のお店からの購入で


2000円前後だったような記憶がありますが。


女性用なので


身につけれるわけでもなく


箱の中に収まったまま



お眠りいただいていました(笑)



ヤフオクで調べると、ワンランク下の値段の仕様のものが価格無視で安く売っているなあw)



そういえば




みなさん



時計の購入に迷ったりする時ありませんか?



(どちらも購入♪とか、セレブリティさんには向かない話になりますw)



・どっちのデザインも気に入っている。



・生活防水もある。



・値段も同じくらいで売っている。





という迷う時には、ここを重視したらいかがでしょうか?



アンティーク時計やレトロな時計は別ものとして



・時間、分の針が蓄光や、画面がバックライトで光るなどの機能がある。



・今日は何日だったかなと忘れっぽい人は日付機能付き。


時計を付けている時点であれなんですが


日付機能まであるなんてと


縛られているような気分を味わいたくない人は日付機能はなしで方向で選択



・時計の裏ブタはただの生活防水よりはワンランク上の防水仕様になっている。



・防水仕様でも裏ブタが、ネジ止めよりは、しっかりとした防水ブタになっているほうがいい。



・女性、男性でも、気づかないようなところにワンポイントアクセントがあれば、うれしいかもです。



さあ、今日も前書きが長かったですが





そろそろ時間を動かすために頑張ります(遅)





(ピカーン)
 




いや




結構重いので





(ズシーン)



5.jpg


先ほどの時計、自分の中では確かにさっきの項目をすべてを満たしております。
(上の画像と文章が時間差しておりますw)


6.jpg



ただし、女性用なので身に付けれませんけど(キリッ


(選択の基本の一番重要な部分に欠けております、すいませんw)


・文字盤デザインがシックで好きです。


・バックライトはありませんが針が蓄光です。
(蓄光はあまり光持ちませんがw)


・裏ブタもしっかりとした防水ブタになっているので家庭ないにある器具では開けれません。


・日付機能もさりげない感じで付いております。


・リューズの先端にはさりげなくオニキス調(か値段的には本当のオニキス?)が埋め込まれてます。



7.jpg





さあ蓋を開けてみましょうw


この時計は普通の生活防水と違い


家庭のマイナスドライバーを裏ブタの隙間に入れて


パカッと開けれるタイプではないので





さあ熊手さんの登場です(違)


8.jpg



ではなくて、裏ブタに画像でも見える



〇の端の部分に一定の距離間隔にある



凹みに合わせて



まず熊出(じゃない)の先端の3箇所の先端も



長さ(縦も横も動きます)調整します。



しっかりと凹みに合わせる事が出来ましたら



あとは開封方向へ回すだけ!


こういう防水タイプ開ける時に


素人なりに感じること


すぐ蓋が開くようなタイプより


しっかりと締まって回すのも手間がかかるほうが



より密封性がある気がしますがどうでしょうか?



それにプラスして、防水補助に〇枠に合わせて


〇の形で薄くゴムパッキンも入っていますが


今回は新品もの(でも劣化あるものも)で劣化もなく大丈夫でしたが


普段使いしていてダイバーさんや海の男なら


ここも交換しておいたほうがいいです。



9.jpg



かなり時間短縮しましたが




今回使う電池はこれです



10.jpg




まとめて購入できて



お買い得なお値段で販売されてます




最近だと、ダイソーでも色々な種類のボタン電池売っていて



時計用の電池も何種類かタイプがあるのですが



寿命は不明ですが、自分のよく行っているダイソーでは販売されていました。



もし、電池交換挑戦される人は


出来れば日本製電池お勧めします


しかし、凹み穴とかにしっかりと先端の爪が入っていないと


動いてしまい時計の裏ブタに傷が付く可能性もありますので


挑戦は自己責任になりますので保証は出来ません!



本格的に詳しく説明してくれているページもネットにあるので



あとは一つ一つの作業をゆっくり丁寧に確実に行うことです^^


と自分にも言い聞かせながら焦らず、楽しんでます♪



11.jpg



作業も無事に終わり




今日の日記も無事に終わりました♪



12.jpg



(追記)

自分で電池交換しようと思うようになったのは、電池交換に行った先のバイト君(多分)の接客が雑で持っていった時計が防水加工と分かると、(あっ、これ防水なので4000円と消費税かかります。あと、防水テストとかも合わせて、2-3週間かかります。)????値段と日数だけ?


この前は普通に電池交換だけしてもらったよ?



(それなら、防水保証なしで1000円と消費税になります)

淡々とマニュアルのみ?で対応するこの姿勢に少しイラッとしてそれでも電池交換依頼しました。

確かに素人が出来るもんじゃないし、他のところへ行くのも手間がかかるししょうがない^^;

3時間くらいたって戻ると、店長と思われる方は、一手間違い、詳しく説明を自らされていましたが(最初からこの人が良かったw)、その時はバイト君と思われる子は、ボケーっト立っているだけで、帰り際もありがとうございましたすらなかった^^;

ここで、時計に電池交換もベルト調整もベルト交換も自分で出来るものなら、やってみたいと思い、下調べして、何とか出来そうかなと思ったので、工具セット買っちゃいまして、今に至ります。

時計屋さんで電池交換しても、保証もないなら、自己責任でやっても同じだと、いろいろなタイプの時計の蓋を開けたり、ベルト調整してみたり、ベルト取り外してみたりして、知識はつきましたが、プロの方に比べると、仕事ではないので超スローかもしれませんw






腕時計 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。