So-net無料ブログ作成

Counter world③ [Counter world]

ガーネットといえば、赤、オレンジ、緑と紹介しましたがこんな色もあります。


300.jpg



西アフリカのマリ共和国で産出される黄色のガーネット。

その名もマリガーネット(マリで採れるのでマリガーネットらしいのですが正式名称ではないようです)

黄色いものから、黄緑したもの、緑が強い黄色など、成分によって、色々な色が見られるガーネットです。

日本だと高額な宝石用ルース、もしくは装飾品の宝石製品として入ってくるか、曇りのあるタイプが天然石の原石として、入ってきていると思います。

透明度の高いものの産出は少なく、宝石質のものはとても希少なガーネットになります。

200.jpg


こちらは黄色でも白さの多い感じでマリガーネットが濃い黄緑、黄色を特徴とするなら宝石質の透明度があっても、ルースにはならない色かもしれませんが書き手はこういう淡い色合い、大好きです♪

100.jpg


こちらはマリガーネットの特徴ある色合いで透明度も良い感じの原石なので研磨すれば、綺麗な宝石ルースになりそうですね♪(書き手は研磨できないのでその美しさを永遠に秘めたまま、原石状態かもw)

もちろん、緑っぽい色合いのものもあるのですが黄色のガーネットの紹介をしたかったので省きました^^

そして、マリガーネットは名称ではないのでガーネットではグロッシュラーガーネットに分類されます。

その力の効果は多くあるようですがいつものように参考にと書ききれないほど、書き手には良い石のようですが
、引用不可のサイトだったのでこちらで見てください^^;

https://www.gemstone-wiki.com/415-grossular-garnet.html


今の書き手にはぴったりの効果ですが手にしている石たちすべての力があれば、凄い効果を生み出すはずなのですがそれよりも我心に眠る闇の力に劣るというのか?(妄想世界に少し入りましたw)


それではカウンターワールドの続きをどうぞ♪



Counter world③

(一条籐哉②)


「それで籐哉。お前はまず何が知りたいのだ?」

「うーん。この世界にどうやってきたのか?かな」

「なるほど、確かにそうだな」

「アリーシャ、やっぱりその口調に戻るのか?」

「癖がついちゃってるからね」

「いやいやいや、ついてたらそんな簡単にその話し方にならないし」

「それよりも知りたいんだよね?」

「もちろんです^^;」

「正直、この世界に来た方法は見当がつかない」

「聞いた俺が悪かった」

「ただ、籐哉が見ていたという夢の世界はover wallだろうな」

「over wall?]

「うん」

「壁を越える?」

「私達の世界には心と体には別々の世界が存在されるとされている。心だけがその世界に行く事が出来るという現象を聞いた事があるわ。さっきの言葉そのままなんだけど、over wall 現象」

「俺のいる世界でいう死ぬ前に見える世界のことか。いや、そういう世界とは違うのか」

「心の世界とはいっても誰もが行ける場所じゃない」

「アリーシャのいうことが本当なら、俺、子供の頃からその世界に行っていたのか。それでどうしてアリーシャのいる世界に」

「トゥーヤ・アルフレートのせいなのかもしれないわね」

「トゥーヤ・アルフレート?」

「私が結婚するはずだった王様」

「ああ、幼き王様か。その王様、若くして王になったということは父親の突然死とか?」

「いえ、違うわ。父親を追放したのよ」

「息子が自分の父親を追放って。その理由は?」

「噂では、母親の為だとか聞いたわ」

「なるほど。あれだろ、王様が好き放題して、堕落して遊んでるうちに疲れきっていた王妃の方にも恋慕う人が出来てしまって、その現場を押さえられ、王妃がその座をおわれたとか」

「その通りよ。どの国でもある話かもしれないけど、籐哉すごいわね。そして、トゥーヤ、アルフレートの母親は王妃から奴隷にまで落とされた」

「恐怖政治だな」

「この国は王様よりも王妃を慕う人民が多いと聞いていたから、嫉妬も混じっていたのかも」

「それが本当の話なら、やりすぎだよな。寧ろ、王妃を貶めて、人民の恐怖を煽ったのか」

「それもあるかもね」

「そうだとしても、今の王に父親を追放する力があるのか?それとも王妃、王子派閥が強力だったとか?」

「内乱さえ起こらなかった」

「前準備でもしていたとか?」

「それも違う」

「俺に推測できるのはここまでだな」

「ドラゴンの加護が委譲されたの」

「ドラゴンって、さっきの話にあったこの国のドラゴンか?」

「実際に姿を現したのを見た人はいないらしいけど、ドラゴンの加護が前国王からトゥーアに移ったらしいの」

「この国は小さい国だと言っていたがそのドラゴンの加護とかいうものもこの国の生き残っている理由の一つでもありそうだな」

「その通りと言いたいけど、ドラゴンの加護がどういうものなのか、この国の人たちでさえ、知らない事なの」

「アリーシャは知ってるの?」

「永遠の命」

「いや、それは違うだろ。永遠の命があるなら一代限りの不死身の王様がまだいるんじゃないのか?」

「ドラゴンの意志によってのみ委譲される。ドラゴンの機嫌を損ねることをすると即剥奪ってことじゃない」

「やっぱり、永遠の命じゃないし」

「長く治める事が出来たらそれに近いこともあるんじゃない」

「まずない。人間だよ、人間。この世界も俺のいる世界も権力を握ってしまえば人には欲が出る。欲の形が違えど、その行動、有様を見て、ドラゴンがその1人の人間だけを加護しているならどのタイミングで委譲されるのかは分からないがドラゴンの思う人の王としての何かが失われたらアドバイスされることもなく、謝罪する間も許されず、即委譲だろ」

「そうでしょうね」

「俺の世界なら毎日王様が交代しているかもな。いや、それよりもドラゴンの怒りを買って人類が滅ぼされる可能性が高いかもしれないな」

「籐哉の住んでいる世界って、ここよりも酷い世界なの?」

「奴隷制度は俺の住んでいる国にはない。といっても、世界という視点で考えると貧しい国や独裁国家が存在する以上、そういうものが存在しているのかもしれない。でも、平和で豊かな俺の国でも家柄と権力というものは存在してる。庶民には気づかない、気づかせないって感じでうまく政策を取っていると思っていたけど、ここ最近は強行採決や独断実行、賄賂収賄と、国民の反感を煽るようなことばかりが目立つ。俺の国もこの先どうなっていくのか、正直分からない」

「一庶民である籐哉がそんな話をしたり、国家権力に対して、そんな発言して許されるの?」

「民主主義だからな、俺の国は。民が主の国・・・・・なはずなんだけど、どうして、家柄や権力が主だから、由々しき事態だな。って、俺は気付いたところで何かが変わるわけでもないけど」

「いえ、変わらないと!気付いたならそれは自分の人生の破滅を意味するとしてもせめて考えなさい。あなたはこれからドラゴンと対峙する人間なの。そのままじゃ、ドラゴンの巣窟に辿り着く前に死んでしまう」

「普通に山登りして、ここがドラゴンの巣窟です・・・到着しました・・・さあ、頑張りましょう♪の最短ルート攻略じゃないのかよ。まさか・・・・」

「はい、その通りです」

「アリーシャ、俺まだ何も言ってない」

「はい、正解です!」

「お約束があるんですね?」

「お約束?」

「辿り着く前に多くの試練が待ち構えている的な?」

「ああ、それはないです」

「遠い目をしてこっちを見るのはやめていただけますか、アリーシャさま」

「何を言っているんですか、籐哉さま」

「それで試練ルートがないとして、どうして、死んでしまうんですか?」

「ドラゴンに選ばれたものじゃないと、聖域に入った瞬間、魂を取られるといわれています。まあ、噂です噂」

「過去にそういうことがあったのですか?アリーシャさま」

「籐哉さま、わたしにどうして、さまをつけるのですか?私もさまをつけてしまうではないですか」

「そ・れ・は・で・す・ね・・・・俺に討ち死に迎えと、王妃になられるであろうお方がご命令なされるからです><」

「わ・た・く・し・・・・・その様な事は一言も口に致しておりませんが?」

「選択肢はないんだから、覚悟はしていたけど、俺、死ぬのか?」

「分からない」

「まぁ、いいけどさ」

「良くは無いでしょ!私が付いているのよ。簡単に死んでもらったら、この私の名に傷が付くわ」

「ああ、それは大丈夫だ。俺が失敗したら隠すか、どう誤魔化すか、考えておけばいいし」

「籐哉、選択肢はないって言ったけど、諦めるために行くんじゃないの?分かってる?」

「俺は俺に期待してないから、諦めるためでもいいんだけどさ」

「あなたにはあなたの世界で待ってる家族や恋人がいるんでしょ!それに初めての相手も今目の前にいるのよ」

「だからかな」

「だから?」

「俺の両親。俺とは血の繋がりはないんだ。彼女も俺がいなくなれば、また別の男作ると思うし。本当に幸せな日々だったよ。それに甘えて、自分の好きな事ばかりをやっていたらこんな世界に飛ばされてきた」

「こんな世界。だよね、籐哉の住んでいる国の話を聞くと、そうかもしれないね」

「アリーシャ、さっきから喋り方がどんどん変わってるぞ」

「ええ、そうですわ。そうだよ。それが悪い。私だって、この部屋に覚悟を決めて、入った。しかし、そこにいたのは王様でもなく、一庶民のあなた。一庶民には一庶民の自由があるけど、王家の姫となると、政略結婚の駒として扱われる。それに納得できなくても、理解した振りをして、嫁がなきゃいけないの。あんたにその気持ちが分かる。そして、私は見ず知らずの一庶民のあんたに賭けたの。ええ、私の勝手な気持ちと勢いに任せたところもあったのかもしれないけど、初めての相手に選んだわ。家柄や権力?そういうものって不自由で縛り付けられて抜け出す事の出来ない呪いのような一面もあるのよ。一庶民のあんたには分からないだろうけど。私は庶民の生活に憧れて、庶民の生活に紛れてこっそりと暮らした事もあるのよ。その時友達になった子が奴隷として売られていく事になったときに私は正体を明かした。多くの人が私の前にひれ伏したわ。その友達も普通の生活が約束され、その場は凌げた。しかし、20年の城外出禁止令が出された。その禁止令以外にこの国の王との結婚カードが出された。私は今18。その私は38になるまで城を出る事が許されない。それとも弱小国とはいえ、神国といわれる国へ嫁げ。あなたでも、今ここにいる私の選択を間違いとは思わないわよね。何がどうなっているのか分からないのはこの私。このまま国に帰ることになれば、私は城の中でただ老いていくだけのやっかいもの。分かった。私はそういう人間」

「ごめんなさい」

「謝らなくていいから」

「それでも俺は俺には期待しない」

「それでも行くのよね?」

「才女の力には期待してもいいかな?」

「ふぇっ」

アリーシャが少し慌てる。

「アリーシャの為にも死なないように最善も尽くす」

籐哉の瞳が力強く、アリーシャに注がれる。

「しょうがないわね。わたくしに期待しなさい、一条籐哉」

「よろしくお願いします」

「ええ、頼まれてあげるわ。それからレイリア、もう出てきてもいいわよ」

「レイリア?」

ベランダ越しにアリーシャを警護していたと思われる人影が姿を見せた。





小説家になろうでも同時に公開していきます。

https://ncode.syosetu.com/n1253ep/

ご訪問ありがとうございました♪


nice!(37)  コメント(4) 

nice! 37

コメント 4

ニッキー

黄色のガーネットってあるんですねぇ(°_°)
グロッシュラーガーネットの効果、スゴイですねぇ=(^.^)=
今の私に必要な「困難突破」するために探してみようかな(⌒-⌒; )

アリーシャさん、苦労されてるんですね(*_*)
ここはやっぱり素敵な女の子を悲しませないためにも
籐哉くん、頑張れ〜*\(^o^)/*
by ニッキー (2018-03-01 21:43) 

Rinko

黄色のガーネットも美しいですね~!!
黄色とひとくちに言っても、それぞれ色合いが変わって個性を感じますね^^
by Rinko (2018-03-02 08:26) 

daylight

>ニッキーさん

ガーネットは青色以外は存在するらしいです。
青色もいずれ発見されるかも?^^
グロッシュラーガーネットの色々な効果、凄いですよね♪
恩恵に預かれない私は・・・(もうそれ、いいからw←自らツッコミ)

アリーシャさん、若いのに経験が半端なさそうな感じですよね^^;
そういう経験のない籐哉はこれから先、どうなっていくのか^^;

by daylight (2018-03-03 11:51) 

daylight

>Rinkoさん

黄色のガーネット、原石でもこれだけ綺麗なんです♪
黄色といっても、自然が作り出した色は黄色という言葉で収めきれないです^^
by daylight (2018-03-03 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。